親孝行をしたいなら、今、できるうちに。

刊ダイヤモンドの2011年3月5日号の「今、親のためにしたいこと」という特集で下記の「計算式」が掲載されていました。

親に会える残りの回数=(平均寿命-親の歳)×1年に親と会う回数

現在日本人の平均寿命は男性が79.0歳、女性が86.2歳です。例えばあなたのお父さんの年齢が65歳、お盆と正月の年に2回会うとすると、

親に会える回数=(79.0歳-65歳)×2回=28回

ということになります。

お互いに住んでいる場所や距離にもよりますが、親と会える時間はそれほど多く残っているわけではないことがわかります。


昔から“親孝行したいと思ったときには親はいない”と言います。人は失ってから改めて大切さに気がつくものです。ご両親のどちらかを失くした経験がある人には身にしみることかもしれません。

しかしいざ親孝行しようと思ってもどんなことをしたらいいのか迷ってしまいます。そこで当サイトでは親孝行の目的にぴったりな商品やサービスをまとめました。

少しだけ立ち止まってみると、いつの間にか小さく見える親の姿に驚くかもしれません。当サイトが親孝行のきっかけになれば幸いです。


【注目】親孝行のプレゼントとしてもすごい人気
「長寿遺伝子を活性化する」とNHKで放送されて話題のレスベラストロール。いつまでも健康でいてほしいお父さん・お母さんへのプレゼントにぴったり(もちろんご自分ようにも!)


>>>高品質で安全・安心なレスベラストロール。ハイブリッドレスベラTはこちら

今人気の親孝行

サプライズで旅行をプレゼントするなら宿泊ギフト券を利用するとよいでしょう。
>>詳細はこちら

耳が遠くなったご両親に。自然な音が聞こえるようになる補聴器具。
>>詳細はこちら

ご両親の名前から詩を創ります。気付いたときのサプライズ感は最高。
>>詳細はこちら



>>【目的別】親孝行向けプレゼントの一覧はこちら

関連ニュース

Yahoo!ニュースの「親孝行」に関連する最新の記事を配信しています。

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(48)】お笑いのエリート街道を突き進む女性コンビ、TEAM BANANA
…にNSCの学費が0円になりました。当時は特待生の制度はなかったし、なんか親孝行した気分でしたね」 藤本「私の両親もそれまではプロになるのは反対でしたが…

このページの先頭へ